頭皮ケアしてますか?

髪の毛のケアはしていても、頭皮ケアを行っていないという人も多いはず。フケやかゆみだけではなく、髪のべたつきなども頭皮が原因かも。
頭皮は皮脂分泌が多いうえ、髪の毛の影響で蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい場所。頭皮も肌と同じように、必要な潤いを保ち、疲れや汚れを落とすことが重要です。様々な肌トラブルにつながるだけではなくこれから生えてくる髪の毛にも大きな影響を与えます。

今回は正しい頭皮ケアの方法や家でできるおすすめの方法をご紹介します。

家でもできる頭皮ケア

丁寧に髪をとぐ

ブラッシングを行うと、髪や頭皮に付着したほこりやもつれを解消してくれます。シャンプーを行うと異常なほど抜け毛が気になるという方はブラッシングが足りないのかも。
また、ブラッシングは地肌をマッサージのように刺激し血行を促進してくれます。これにより、毛穴が開き、汚れのつまりも落としやすくなります。

予洗いをしっかりする

シャンプー前に髪の毛や地肌をしっかり濡らすことを“予洗い”と言います。
ぬるめのお湯で地肌までしっかり濡らし、地肌を揉みます。シャンプーがよく泡立つだけではなく、頭皮の汚れをしっかり浮かせ、落としやすくする働きも。
頭皮に凝りやむくみを感じている方は、いた気持ちいくらいしっかり行いましょう!

正しいシャンプーの方法を覚える

いくら高いシャンプーを使用していても間違った使い方では意味がありません。一日に何度も洗ったり、ゴシゴシと刺激を与えることでかえって悪影響を与えることも。正しいシャンプーの方法を覚えましょう。

シャンプーを良く泡立てる

シャンプーを手に取ったらまずは、手のひらでしっかり泡立てること。長い時間洗っているのは皮脂を落としすぎる原因にも繋がります。洗顔フォームなど同様に泡立てネットを利用するのも◎です。

地肌をマッサージ

しっかり泡を頭皮に行きわたらせながら、地肌をマッサージしていきましょう。爪を立てて洗うと頭皮が傷つくので、指の腹で頭皮をもみほぐすのがおすすめ。実はシャンプーは地肌の汚れを落とすのがメイン。
髪の毛はサッと泡を通すくらいでOKです。

しっかりすすぐ

シャンプー剤や汚れが残っていると、べたつきを招きます。シャンプーの2倍くらいの時間をかけてぬめりが無くなるまでしっかりとすすいでください。生え際やえりあしはシャンプーが残りやすく、肌トラブルが良くおきる場所。念入りにすすぐようにしましょう。

ドライ方法

タオルドライをしっかりしたら、ドライヤーで乾かしていきます。この時のコツは、ドライヤーを近づけ過ぎないことと短時間で終わらせること。最後に冷風を全体に当てると、地肌と髪のキューティクルが引き締まり、良くまとまるようになります。

おすすめのケア

スカルプケアに特化したシャンプーなどもありますが、他にも髪の悩みにおすすめな商品がいくつもあります。

育毛ローション

キュレル頭皮保湿ローション

 

この投稿をInstagramで見る

 

キュレル公式(@curel_official_jp)がシェアした投稿

敏感肌、乾燥肌の人は頭皮ケアにもこだわるのが大切。お風呂上りに保湿を行うとハリ感のある髪に見違えるかも?

美容液

スカルプD頭皮保湿美容液

紫外線や冷暖房、ヘアカラーの刺激など、気付かないうちに頭皮が乾燥している人も多いんです。肌と同様にしっかり保湿することでトラブルはぐんと減ります。
スカルプDボーテ頭皮保湿美容液では、外から潤いを与えるだけではなく肌そのものの力を改善し、健やかで美しい頭皮へ導きます。

サプリメント

カミエル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウマキ/maki uchiki(@morning_soup)がシェアした投稿


今や髪の毛もインナーケアの時代。美しい髪を育てるために必要な栄養をぎゅっと詰め込んだカミエルは、SNSでひそかに話題になっているサプリメント。スーパーフードミレットのエキスを含んでおり、体内では生成できないミネラル類などが配合されています。

マッサージ機

ReFa GRACE HEAD SPA

 

この投稿をInstagramで見る

 

ReFa【公式】(@refa_mtg)がシェアした投稿

美顔ローラーでおなじみのReFa。頭皮をつまみながらほぐし、サロンでマッサージを受けているような時間に。マッサージ用と頭皮クレンジング用の2種のブラシが選べます。

美しい髪は地肌から

寝る前に少しマッサージをしたり、今日からでも取り入れられる頭皮ケアはたくさんあります。
美しい髪のためにはもちろん、リフレッシュにもおすすめな頭皮ケア。

お気に入りのアイテムをぜひ取り入れてみてください。