家庭用脱毛器を使うと肌荒れする?

家庭用脱毛器を購入前に、「家庭用脱毛器を使って、肌荒れをしたらどうしよう…」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?特に敏感肌や乾燥肌など肌が弱い方は心配ですよね。

結論、敏感肌や乾燥肌の方でも正しい使用方法を守れば、肌荒れを引き起こすことはありません。しかし、敏感肌や乾燥肌に関係なく、家庭用脱毛器を使って肌荒れを起こすこともあります。

この記事では、家庭用脱毛器が引き起こす肌荒れの症状や原因・対処法・予防法を徹底紹介します!

肌荒れの症状

まずは、家庭用脱毛器を使用して引き起こる可能性のある肌荒れの症状をご紹介します。

  • 赤み
  • かぶれ
  • 腫れ
  • 毛嚢炎

赤み

脱毛後の赤みは多くの人が出やすい症状です。脱毛は毛根に向けて光(熱)を照射しているため、脱毛後は熱が皮膚の内側にこもり、肌に赤みが出てしまいます。特に、顔やデリケートゾーンなど、皮膚が薄い箇所は赤くなりやすい特徴があります。

かぶれ

同じ箇所へ何度も照射をすると、肌が強い刺激に耐えられず、かぶれてしまうことがあります。脱毛後は肌がダメージを受けて乾燥しやすいため、かぶれた箇所に痒みも生じやすいです。

腫れ

照射レベルが高すぎると、高熱を発する光で火傷をして、後に腫れが生じる場合があります。腫れの原因は火傷であるため、ヒリヒリとした痛みを感じることもあります。

毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)とは、細菌が毛穴の奥にある毛根に侵入することで起こる炎症のことです。毛穴の奥から赤く腫れ上がって、ニキビのような赤いブツブツができます。

肌荒れの原因

続いて、肌荒れの原因を紹介します。原因を理解して、肌荒れを防ぎましょう!

  • 光が強すぎる
  • 同じ箇所を何度も照射している
  • 日焼けをしてる
  • 皮膚バリア機能の低下

光が強すぎる

出力レベルが肌にあっていないと、肌への負担が大きく、肌トラブルを引き起こす可能性が高いです。いきなり出力レベルをマックスにしたり、全身同じ出力レベルで照射することは肌トラブルや、火傷などの原因になってしまいます。

同じ箇所を何度も照射している

脱毛器は一度使用するだけでも肌に絵大きな負担を与えます。そのため、同じ箇所に何度も光を照射すると、肌へのダメージがさらに大きくなり、赤みやかぶれなどの症状が出る原因になります。

早く効果を感じたいからと、念入りに照射し過ぎることはおすすめしません。

日焼けをしている

日焼けをした肌は、既にダメージを受けている状態です。その状態の肌に照射をすると肌への負担は非常に大きく、肌トラブルに繋がってしまう可能性が高いです。

皮膚バリア機能の低下

毛根に向かって熱を照射することで、皮膚のバリア機能が一時的に低下します。その際に、雑菌が毛穴に侵入することで毛嚢炎を引き起こす原因になります。

肌荒れの対処法

もしも、肌荒れを引き起こしてしまった際の対処法をご紹介します。正しい対処をすることで、完治までの期間を短くすることができます。

  • 刺激を与えない
  • 冷やす
  • 市販の塗り薬を塗る
  • 皮膚科で処方箋をもらう

刺激を与えない

脱毛後に肌荒れを引き起こした際は、擦ったり、掻いたりなどの刺激を与える行為はNGです。脱毛後の肌は非常にデリケートであり、既に肌荒れを引き起こしている肌に刺激を与えることは更なる悪化の原因となり、完治までの時間が伸びてしまいます。

冷やす

脱毛後は皮膚に熱がこもっている状態であるため、冷水で濡れたタオルを使って肌を冷却しましょう。この際に、氷や保冷剤を直接肌にあてる行為は刺激が強いためやめましょう。

市販の塗り薬を塗る

痒みやかぶれが生じた際には、抗炎症作用、かゆみの抑制等があるステロイド軟膏や、あかぎれ、しもやけ、にきび等に効くオロナインなどの薬を塗ることがおすすめです。もしも、自分で判断することが難しい場合は、ドラッグストアにいる薬剤師に相談してみると良いでしょう!

皮膚科で処方箋をもらう

症状が酷い場合や数日〜1週間経過しても症状が治まらない場合は、皮膚科で処方箋を出してもらうことがおすすめです。皮膚科に行けば、医師が症状を診断し、自分の症状に適した処方箋を出してもらえるため安心です!また、市販では購入できない効き目の高い薬を購入できるため、市販薬で治すよりも早い完治が期待できます。

肌荒れした際の予防策

それでは、肌荒れを防ぐにはどうしたら良いでしょうか。脱毛前後にできる予防策をご紹介します!

  • 低い照射レベルからスタートする
  • 照射頻度を守る
  • 日焼けを避ける
  • 血行が良くなる行動はしない
  • スキンケアをする
  • フラッシュ式脱毛器にする

低い照射レベルからスタートする

まずは、1番低い出力レベルから照射を始めましょう。出力レベルが高い方が脱毛効果は高まりますが、その分肌への負担は大きく、肌荒れを引き起こす原因になります。いきなり高いレベルで照射をするのではなく、徐々にレベルを上げていくようにしましょう!

照射頻度を守る

大体の家庭用脱毛器は1〜2週間に1度の照射が推奨されています。これ以上、照射頻度を上げても、脱毛効果は変わりません。また、同じ箇所に向かって何度も照射する「重ね打ち」をしても効果は上がりません。どちらも肌を傷つけるだけでなく、照射回数を無駄にしてしまう行為になります。照射頻度を守って脱毛しましょう!

日焼けを避ける

日焼けをした肌への照射は、様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。そのため、脱毛前後2週間は特に日焼けをしないようにしましょう!また脱毛後の肌はデリケートであるため、摩擦を起こしやすいヒートテックやタイツなどは避けて、紫外線対策を行いましょう。

血行が良くなる行為をしない

血行が良くなると、赤みや痒みなどの症状が出やすくなります。脱毛後24時間ほどは、汗をかく運動や熱い湯船に浸かるなどの血行を促進する行為は控え、できるだけ安静に過ごしましょう。

スキンケアをする

肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下します。そのため、日頃から入念なスキンケアを行いましょう。特に、脱毛後は乾燥しやすいため、化粧水や保湿クリームを塗って乾燥を防ぎましょう!

フラッシュ式脱毛器にする

家庭用脱毛器には、「フラッシュ式」と「レーザー式」といった大きく2種類の方式があります。

フラッシュ式は、脱毛サロンで使っている光脱毛器を家庭用としても使用できるように、出力レベルを下げたものです。広範囲への照射が可能で、肌が受けるダメージや痛みが少ないのが特徴です。
レーザー式は、病院で使用されているレーザー脱毛器を家庭用として使えるように、出力レベルを下げたものです。フラッシュ式に比べて照射出力が強く、毛根の一番奥にある毛乳頭に熱を与えるため、高い脱毛効果が期待できます。しかし、肌へのダメージも大きく、肌荒れを引き起こす可能性が高いです。

そのため、肌荒れを心配する方は、レーザー式よりも肌に負担が少ないフラッシュ式を購入することがおすすめです!

肌荒れしてても脱毛できる?

肌荒れを引き起こした場合、その日の脱毛は中止して直ちに処置を行いましょう。症状が完治するまでは、肌荒れを引き起こしている箇所の照射を避けることで、脱毛することができます。

まとめ

家庭用脱毛器は正しく使用すれば、手軽に脱毛ができる便利アイテムです。しかし、使い方を誤ると、肌トラブルに発展する危険性もあります。。説明書をよく読み、正しく脱毛しましょう!