今年の夏はマスク焼けに用心!

新しい生活様式で注意しなければいけないのが、マスク焼け!かっこわるい日焼けを防ぐためにも、しっかりとマスク着用時の日焼け対策を知っておきましょう。

マスクをしている部分に日焼け止めは要らない?

ありがちなのが、マスクが日焼け対策になっているという勘違い。

マスクでは完全に、紫外線を防ぐ効果はありません。しかし、つけていないところよりは焼けないのは確かです。だからこそ、しっかりと日焼け対策を行わなければ“マスク焼け”ができてしまいます。

日焼け止めを塗る

通常通り、顔にまんべんなく日焼け止めを塗りましょう。ファンデーションでの日焼け防止も問題はありませんが、マスクの中でこもった蒸気によりヨレや化粧が落ちてしまうことが多くなります。日焼け止め+パウダーでシンプルに仕上げるのが快適に過ごすコツです。

塗り忘れポイント

顔の側面やマスクのゴムが当たるフェイスライン耳の裏にも注意です。また顎のラインも忘れないようにしましょう。日焼け止めを塗るときに忘れやすいポイントから塗ると、ムラなく塗ることができます。

塗り忘れが起きやすい部分
  • 耳・目の周り
  • 首・デコルテ
  • うなじ
  • あご下

マスクで日焼け止めが落ちやすい!

マスクで擦れたり、汗で日焼け止めが非常に取れやすいため、こまめに塗り直しをしましょう。
フェイスパウダーにUV機能がついているものは化粧直しも便利なのでおすすめです。日焼け止めに関しても擦れや汗に強いウォータープルーフを選ぶのが良いでしょう。

落ちやすい部分
  • ほほや鼻、頬骨(マスクが擦れる部分)
  • うなじ
  • あご下

無香料や肌に優しいものを選ぶ

マスク内の気温が高まると、においがこもりがちに。日焼け止めににおいがついているタイプはいつもより強くにおいを感じてしまうことも。
また、マスクの擦れやムレにより肌荒れを起こしている人も多いはず。なるべく肌に優しいものを選ぶようにしてください。

スプレータイプも◎

マスク焼け対策でおすすめなのがスプレータイプの日焼け止め。マスクの外側に振り掛けて使用すれば、塗りなおしもらくちんです。

帽子や日傘で防止

日傘やつばの広い帽子も紫外線対策には有効です。

UVカット機能付きマスクを選ぶ

様々な会社から夏の着用にぴったりなUVカット機能付きのマスクを発売しています。
こまめに塗りなおすことができない人などはマスクをするだけでOKな機能性に特化したものを選ぶのもおすすめです。

夏にぴったりなマスクはこちらからチェック

マスク熱中症を防止!暑い夏を乗り切る方法を考える
マスク熱中症を防止!暑い夏を乗り切る方法を考える
マスク熱中症を防止!暑い夏を乗り切る方法を考える
暑い日の深刻なマスク問題 突然ですが、みなさんマスクしてますか? 新しい生活様式が唱えられてから、しばらく経ちました。季節が変わり、夏が始まろうとし…

紫外線を通しにくい素材や色がある


引用:https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000002914
紫外線を通しにくい素材や色があります。
淡い色よりも黒や紺色などの濃い目の色、素材も厚地のほうが紫外線防止効果が高いことが分かっています。
また綿や麻よりナイロンなど化学繊維のほうが紫外線を通しにくいことが分かります。

まとめ

新しい生活様式を大切にしながら、夏を楽しむことがキーになる今年。塗りなおしが面倒だとは思いますが、しっかり日焼け対策を行わないと後々後悔することに……。
ウイルス対策を行いながら、しっかりと肌を守り、この夏を乗り越えましょう。

関連記事はコチラ

マスクしててもキレイをキープ!気になるメイク崩れを防ぐには?
マスクしててもキレイをキープ!気になるメイク崩れ…
マスクしててもキレイをキープ!気になるメイク崩れ…
風邪・インフルエンザ・コロナウイルス……予防はまずマスクから! 風邪・インフルエンザ予防にマスクが欠かせない季節。最近話題のコロナウイルス予防も、ひと…

マスク焼けをしてしまったら急いでケアを

日焼け後はアフターケアが肝。正しい対処法を学ぼう!
日焼け後はアフターケアが肝。正しい対処法を学ぼう!
日焼け後はアフターケアが肝。正しい対処法を学ぼう!
日焼けはアフターケアでなかったことに 日焼け止めや日傘などで防いでいても、うっかり日焼けしてしまった経験ありませんか? 日焼け止めが落ちてしまった…